カテゴリ: 文章

夜になって、だんだん元気が出てきて、
今日は元気がなかったんだと知りました。

元気が出てよかった。

テレビをつけたら笑ってコラえてスペシャルをやっていて
たしか13人くらいの大家族が、念願の家族東京旅行をする。
というコーナーをみて、泣きました。

その前は、録画しておいた『いだてん』の、
満州の、仲野太賀くんの回をみて、泣きました。

涙腺がゆるゆるのゆるです。

昼間は、オンライン英会話をしました。
先生とテーマフリーな会話をできるコースもあるのですが
わたしは教材をもとにすすめていくコースをとっています。
「初級英会話」というコース。
前日に予習をがっつりするので、なんとかのりきれます。

今日は授業の途中で、先生が
「あなたのpronunciationもconversationもとってもいいのに
 なぜこの簡単なコースをとっているの?」とおっしゃいました。

先生に、わたしがけっこう話せるっぽく見えたのは
予習をがっつりやっているからです…。
アドリブで、そのくらいのレベルで喋れと言われたら、とても無理なのです。
なのですが、その言葉はとてもとても嬉しかったです。

最後の数分があまって、個人的なことについていろいろ会話をしました。
今日はこれから何するかとか、わたしの仕事や友人などについてです。
そこでようやく、わたしの会話力のなさがぼろぼろと露呈しましたが、
それでも私の話に根気よく、にこにこと耳を傾けてくださり、
とても良い先生だなぁと感じました。

そういうわけで今週はレッスン後も落ち込みませんでした。

夕飯はキムチ鍋を作って食べました。
CMでやってるプチっと鍋で作ってみました。
かんたんで良いですね。

おっとは何やら勉強会に行っているようです。
人前に立って話したりしてるみたいです。
おっとは話をすることが好きな人だと認識しています。

私は、人前で話すどころか、立つだけでも萎縮して冷や汗が出てきます。
おっとは初対面の方と話したりするのも楽しそうにしているので、
人間関係周辺の性格は真逆みたいです。

今日も長い日記になってしまいました。
少しだけ作業をして、寝ます。

台風の被害のようすをテレビやネットでみています。

こういうとき「無力…」と思います。
無力…
でもできることはゼロではない…ということで
また、少々のお金を送らせていただこうと思います。
お金はとても大事。

-----

実は、小銭貯金が、存外貯まっていきます。
毎日、財布に残った小銭を貯金箱に入れて、
月の末日に袋にうつして郵便局にもっていって、
数えてもらって、そのまま通帳に入れてもらっています
(今回の義援金も、そのなかから送る予定)。

犬にはお金はかかるけど、
それ以外はわたしはあんまり
お金をつかっていないほうだと思う
(同年代の女性とか…?とくらべて…。たぶん…)。

服やくつや化粧品もあんまり買わないし、
買っても安いものが多いし、
本は借りたり、音楽も借りたり…

出かけてぶらぶら歩いてあちこち見たりして、
いいなと思うものはあるのですが、
「買おう」とまで思うものが、あんまりありません。

本だけはときどき買っています。
でも、定期的に整理して、
信頼できる古書店にもっていって、買取をお願いします。

ものに対して興味がなくなってきたというより、
「持つ」ことに執着しなくなってきたかもしれません。

わたしにとってはうれしい変化です。
若いころはほしいものばっかりで、
むだづかいして後悔ばかりしていたのです。

お金の面で、くらしが小さくなっても、
満足して暮らしていられるなら、
そういう自分なら、うれしいな。

なにしろ、わたしの理想の生活は、
「とても地味だけど、見ているとなんだか楽しそうな生活」なんです。

(この価値観をもつようになったのは、
 東直子さん著『ゆずゆずり』の影響によります。)

このブログを半年前くらいまで読み返しました。
昔にもどるほど、すなおな気持ちを書いているし、
きちんとものごとや、自分と向き合って思考しているなぁと
感心して、反省しました。

~これから、まずやらなきゃなと思ったこと~

・世の中のできごとをきちんとみつめる。
 腹が立ったり悲しくなるできごとが
 たくさんあって、もう見たくないと思って
 ちょっと油断すると目をつぶって
 耳をふさいでしまいます。
 それをちゃんと見て聞いて
 (心が無理をしないていどに)、
 自分なりの意見を考えようと思いました。

・手間をかけて絵を描く。
 iPadを買ってからデジタルの絵ばかり描いています。
 道具も用意しなくていいし、汚れないし、
 失敗してもすぐ修正できるし、楽だなぁと思います。
 それはそれで、まったく悪いことではないのですが、
 わたしは手書きの絵も大好きだし、
 自分の手書きの絵の良さもあると思うので、
 両方のバランスを意識していくこと。

・責任について考える。
 大変だからやりたくないと思うことをそのままにしてたら、
 ほかの誰かが大変になってしまうよね…というようなせりふを、
 あるまんがで読みました。
 またべつのまんがでは、
 きみがとらなかった責任は、
 ほかのだれかがかわりにとってくれてるんだ、
 というようなせりふを読みました。
 (まんがから学ぶことは多い…)
 わたしは自分の意見をもたないことで
 責任をもつことから逃れてきたと思う。
 そしてその責任は、誰かが負ってくれてたんだと思う。
 これからもそうやって生きていっていいのか。

以上です。

このあいだ友だちと話していて気づきましたが
「あの頃みたいに戻らなくては」
という強迫観念のようなものが常にあります。

それは、昔からあります。
あの頃の自分は、もっとよかった。
今はだめだ。あの頃みたいにしっかりしなくては。
あの頃みたいにこうならなくては、ああならなくては。
という考えがなぜかいつもいつも
こびりついて離れず、
思考のくせになっているのです。

そうではなくて、
「これから」どうするか、どうなりたいか、を
考えたいし、考えるべきなのでは…
…というような話をしたと思う。(たしか…)

「どうあの頃に戻るか」じゃなくて
「これからの自分をどうするか」を考えなくちゃ、って、
たまに、思い出せる時があるんです。

そのときの友だちとの電話でも思い出せました。感謝。

またいつかブログを読み返したときにも
思い出せるようにしておこう…
と思って、書きました。

なつですね。
暑いので家にこもってインプットばかりしています。
本を読み映画を観、勉強をしています。
アウトプットにはあまり気持ちが向いていません。
今はそういう時期なんだろうと思っています。
いぬの散歩のために早起きするのが大変です。

文章もなかなかわきでてこないので、
ブログの更新がゆっくりペースになりそうです。

でも、すぐ考えが変わる人間なので、
どうなるかわかりません。

すぐ気分や考えが変わることを
コンプレックスに思っていました。
自分に振り回されてつらいと。

でも、それをおもしろがることもできるのでは?
と、今、ふと思いました。
明日の自分が何を考えるか
わからないということが。です。

↑このページのトップヘ