20180821_nikki


めちゃおもしろかったです。
あー、笑った笑った。
隆子、とばしてたなぁ。
宮…いや…雅さんもとばしてたなぁ。

最後の『アイデア』に感動して、
だらだら涙を流しながら
となりにいたおっとを見たら、
おっともこちらを見ていて、
「良い歌詞だね~!」と言い合った。

IMG_20180819_193402


本で見た、「マグネットで冷蔵庫内の在庫管理」っていうのを
まねしてみました。

100均でマグネットシート(A4)を買う



切って品目を書く



冷蔵庫に貼る

いちいち冷蔵庫を開けなくても中身がわかる、
買いものリストを書く時に見れば、買い忘れもなし。
とても良いです。感動すらしました…。

20180817_kinokonosato


この絵、「きのこの里」というタイトルにしました。

最初、「きのこの山」にしようかと思ったんですが、
そのまんまはまずいか…と思い直し、
たけのこの里と混ぜました
(それはいいのか…?)
(どなたかに怒られたら変えます、、)。

---

金曜ロードショーの、トトロを見ています。

昔とぐっとくるポイントがちがう。
なんだか、あちこちで涙が出ます。

どちらかいうと、子どもたちよりも、
おとうさんおかあさんに目がゆきます。

わたしがとしをとったからでしょうか。

このおとうさんおかあさんの、
おだやかさ、やさしさが、
やたらと胸にしみる。

子どものころは、メイがまいごになって、
泣いて「おねえちゃーん!!」って
叫んでるシーンが、共感のピークでした。

「あった」ことはおぼえていても、
本質をとりもどすことはできない、
そんなことがたくさんあって、
少し寂しいです。

ある時期までは、そういうことが、
少しどころか、ものすごく寂しいと思って、
その流れに抵抗していました。

でも、だんだんその、抵抗の気持ちもうすれているし、
忘れたことを忘れるようなことも、ふえている気がします。

いずれ、少し寂しいこの気持ちも、
どこかへいってしまうのだろうか。

とにかく、だんだん鈍くなっていると思います。

鈍くなっているので、
鈍くなっていることも許せる。

潔癖で繊細だった若いころなら、
許せなかったはず。

そうそう、
こだわりがどんどんなくなっているんです。

たとえば、うんと若いころ、音楽がすごく好きで、
自由に好きなように聞いているつもりだったけれど、
ジャンルだのカテゴリだのを
やたら重要視して、選別して聞いていたと、
今ふりかえるとわかる。

今のほうがずっと自由に音楽を聴いているな~と思います。
映画なんかも、こだわらずになんでも見るようにしたら、
今すごくたのしいです。

むかし、自意識が過剰でしんどかったのも、
自分に執着して、
ひとにどうみられるかに
こだわっていたから。

としをとるごとに
頭のなかは身軽になっていって、
それは私にはとてもうれしいことです。

小さなころから
ずっとがんじがらめだったけれど、
これからのわたしの頭のなかは、
もっともっと自由になるいっぽうなのでは。

---

って、トトロを見ていたはずなのに、
思考が宇宙に行ってしまった。

続きをみます…

この、おとなりのおばあちゃん、
ずいぶん前に亡くなった
曾祖母が思い出されて、キュンとする。

20180816_nikki


原作はすでに最終話まで読んでおりまして、
ここから先の展開がドラマでどう描かれるのかたのしみです。
原作読んだときは「まじか~!!!!?」って思った。

そういえば、プリンタは無事どれを買うか決まり、
よどばしドットコムで注文したところ、
注文から10時間後にはもう家に届きました。
早すぎる。
ちょっと心配になるくらい早い…。

20180814_nikki


服は着やすさ(ラクさ)、肌触り、
今持っている服との合わせやすさで選びます。

20180813_nikki


プリンタを選び始めました。
機能の違い、お値段の違いなど見くらべる。
ネット上のレビューも見てみる。
だんだんわけがわからなくなってきました。

20180810_nikki


気になっていた白桃のジャム。
おいしいです。みずみずしい感じ。
(画像、描き直してさしかえました…
 ちょっと納得いっていなかったので…。)

20180807_nikki


カラーもパーマもしないのだから
こういう、カットだけのお店で十分なのかも。
手早くこなすためか、切っている最中、
美容師さんがまったく話しかけてこなかったのも良い…。

20180804_nikki


カフェ、ハティフナットにて。何もかもかわいい。

↑このページのトップヘ